■占いが当たらなかったら、呪詛を打たれている証拠だ。

「私って、呪詛を打たれているの?」と気になった方も多いでしょう。
 はい。ほぼ100%の人が、呪詛を打たれています。
 打たれていない人は、よほど人生で成功した経験がない方に限られます。
 高校入試・大学入試に合格したことがあるのなら、それだけで誰かから呪詛は打たれています。
 恋人ができたことがあるのなら、結婚したことがあるのなら、就職できたことがあるのなら、呪詛を打たれています。
 親が2人とも健在であるという理由だけでも、嫉妬する人が現れるので、呪詛を打たれています。
あなたは、人生で一度は誰かから嫉妬されたことがあるはずですから、呪詛は間違いなく打たれているのです。

呪詛を打たれるとどうなるのかというと、わかりやすい症状としては、占いが当たらなくなります。
「今年は絶好調。恋人もできて、昇進もします」と占いで書かれているのに、うまくいかない場合は、呪詛が原因の場合が多いです。
 本来ならばうまくいくはずなのに、うまくいかない。
これが、呪詛を打たれている状態の特徴です。
「毎日、猛勉強をしたのに、大学入試で落ちた」「美人なのに恋人ができない」「仕事ができるのに、左遷された」
こういった場合は、呪詛を打たれていると思った方がいいでしょう。
本来は、頑張ったら、いい結果がでなければおかしいです。
にも関わらず、悪い結果が出たならば、原因は「呪詛」にあると考えるのが正解なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です